源から生きる、生き方革命

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第14回から数回に渡り、 書籍「ザ・メンタルモデル」(由佐美加子・天外伺朗 著 8月31日発売)の出版を記念しまして、 <メンタルモデル探究シリーズ>を開催いたします。 (「ザ・メンタルモデル」詳細・購入 → https://amzn.to/2YFQdRT ) メンタルモデルとは、 「一人ひとりの人生のOSを制御しているプログラム」 別な表現をすると、「人が幼少期に体験した痛みを切り離すために無意識に決定付けた、その人固有の最も深いところにある世界に対する信念」。 由佐がこれまで毎日のように数多くの方々の内面に触れていくプロセスの中で見出され、体系化されたものです。 そのメンタルモデルを扱う上で必要な自己統合のプロセスはJTS(Journey to the Source)という講座で 提供しています。 メンタルモデルは一人ひとり固有の言葉がありますが、それを大きな類型に分けると4つの類型に集約されます。 A 価値なしモデル「私には価値がない」 B 愛なしモデル「私は愛されない」 C ひとりぼっちモデル「私は所詮ひとりぼっちだ」 D 欠陥欠損モデル「私には何かが決定的に欠けている」 自分自身の心の奥底にはどういう痛みがあり、どういう信念があるのかを理解できると、 自分と人を最も深いところから理解できるようになります。 第14回では4つのメンタルモデルの中の「価値なし」モデル と 「愛なし」の2つについて深く扱っていきたいと思います。 「価値なし」モデル は特に価値を出し、評価・成果が求められる、大きな組織で活躍している方々に多いメンタルモデルです。 「愛なし」モデル は映画やドラマ、音楽で表現されている「愛とつながり」がライフテーマになるメンタルモデルです。 (補足:どの人の中にもこの4つのメンタルモデルの根源にある痛みは全てあります。ただ一人ひとり必ずどれかを痛みとして人生を通して継続的に体験します。) 第14回の開催前の8/31に、書籍「ザ・メンタルモデル」が発売されます。 本を読んでからご参加いただいても構いませんし、本を読む前に本講座に参加していただいても構いません。 是非ご参加ください^^ ◆講座全体の目的・意図 “一人ひとりの源が変わる、世界が変わる。 自分の内側の真実につながり、その源から自己表現をして生きる。 あなたの生き方そのものがこれからの世界を創る” という世界観を時間・場所を超えてお届けすることを意図しています。 ◆本オンライン講座実施の背景と想い CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、 毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただき、 また3年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。 何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」 という声をいただきスタートしたのが本講座です。 2018年からCCCでは新しい基幹講座「Journey to the Source (JTS)」のプログラムなど、 「源から生きる」ということをテーマに場を開催して参りました。 JTSは継続講座として実施をしておりますが、この「源から生きる」という世界観をより手軽に、 そして地方や海外に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、 またご自身のタイミングで参加することができるようにという想いを込めて、 単発参加もできる形で提供させていただいています。 2019年は皆様の関心に近いテーマや日常生活に繋がる身近なテーマでお届けしていきます。 (JTS講座は2019年より株式会社LLTへ移管しました) http://hmt.llt.life/ また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の 振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、 まだ講座に参加したことがない方に「源から生きる」という世界観を 体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、 身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。 ---------------- 合同会社CCCは、  【内なる命の源につながって現実を創造する】という人間の本来の役割を思い出し、内側に備わっている機能を統合的に使えるモノの捉え方、内的世界の扱い方を「テクノロジー」と呼んで、それを個人や組織に対して分かち合う様々な場を提供しています。 【Co-creation】という1つの大いなる生命につながる全体性の意識に基づいた生き方を体現するための智慧や、それを生きるために必要なテクノロジーを、講座やワークショップを通して個人向けに提供する事業と、企業組織という枠組みの中で人が本来の在り方を取り戻し、人間として進化していくための意識変容を促すためのプログラム提供とそのファシリテーション、リーダーや経営者を対象とした個人セッションやコンサルテーションなどを提供する法人向け事業があります。 どちらも社名の通り、次の創造の時代を創り出していくための人の意識の進化を現実の社会の中に拡げていくこと、それを拡げていける人材を輩出していくことを目的に活動しています。 http://www.cc-creators.com/ ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第13回のテーマは「つながり」です。 人間にとって「愛」と「つながり」はとてもとても大切な要素。 前回、「愛情表現という名のエゴ 〜こんなに愛してるのに、が伝わらないワケ〜」という タイトルで実施させていただきましたが、それとも関連の深い内容です。 ---------- あなたがつながりを感じる時はどんな時ですか? あなたにとって、つながりとは何ですか? 人々が日々活動をする時、この「つながり」というのが、 かなり大きなウェイトを占めているように思います。 つながりが絶たれないように我慢する。 つながりを大切にしたいからこそ本当のことは言わない。 つながってもらえるように奉仕したり役に立とうとする。 つながりが不安になると相手を試すような行動をする。 私たちの多くは「つながりはなくなるかも」という不安定な世界に住んでいて、 無自覚につながってもらうために行動をしたり、つながりをあきらめていたりします。 インターネットが普及して、SNSやアプリなどで、 昔よりつながりたい時につながりたい人とつながれる環境ができあがっているのに、 どこか満たされなかったり、不安が拭えないのはなぜでしょうか? 「つながりたいのにつながれない」 「付き合っていても、全然気持ちが落ち着かない」 「そんなつもりじゃなかったのに、関係が途切れてしまった」 そんな声をよく耳にします。 どんなにつながりをもとめてやってもつながれないのには、 一体なぜなのでしょうか? 本当に「つながっている」と感じるのは、どんな時なのでしょうか? 前回の「愛情表現」に続き、人間の根源的な欲求とも言える、 この「つながり」に関して、参加の皆様の声や体験を伺いながら、 2時間半じっくり「つながり」を深めて、 ご自身が自分とのつながりを深める時間を持ちたいと思います。 誰とつながりを深めたいだろう。 そんな問いも持ちながら、是非参加してみてください。 ◆本オンライン講座実施の背景と想い CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、 毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただき、 また3年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。 何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」 という声をいただきスタートしたのが本講座です。 2018年からCCCでは新しい基幹講座「Journey to the Source (JTS)」のプログラムをなど、 「源から生きる」ということをテーマに場を開催して参りました。 JTSは継続講座として実施をしておりますが、この「源から生きる」という世界観をより手軽に、 そして地方や海外に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、 またご自身のタイミングで参加することができるようにという想いを込めて、 単発参加もできる形で提供させていただいています。 2019年は皆様の関心に近いテーマや日常生活に繋がる身近なテーマでお届けしていきます。 また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の 振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、 まだ講座に参加したことがない方に「源から生きる」という世界観を 体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、 身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。 皆様の声を聴きながら、皆様と一緒に作り上げていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。 ▼ファシリテーター ・由佐 美加子(Mikako Yusa) 合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー 幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て ㈱野村総合研究所入社。その後㈱リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。2005年Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立。いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。 オットー・シャーマー著「U理論」訳者 「ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー」 著者 ▼オーガナイザー ・やまもと みつひろ(Mitsuhiro Yamamoto) 合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー 大学在学中からブランド戦略のベンチャー企業への立ち上げ参画や キャリア教育系NPO法人「NPOカタリバ」の活動に従事。 大学卒業後、カタリバの職員として勤務したのち、 人材紹介業、中国・上海に駐在しての広告代理業、複数の会社で人事として勤務。 関西にあるベンチャーのゲーム会社で人事のトップとして人事部門の立ち上げを行う。 2015年に「ひかりゆとりゆたか」という屋号を掲げ、フリーランスとして独立。 人事コンサルティングとしてスマホアプリのベンチャー企業で人事部門の立ち上げ、組織作りを行う傍ら、 ITコンサルティングとして個人事業主や小規模企業のホームページ制作やwebサポートを行う。 現在は、京都に拠点を移し、社会人・事業家向けの個人セッション・グループセッションを展開している。 合同会社CCC パートナー Co-Creationファシリテーター養成講座 プロコース第4期 修了 国家資格キャリアコンサルタント 米国CCE Inc. 認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー ---------------- 合同会社CCCは、  【内なる命の源につながって現実を創造する】という人間の本来の役割を思い出し、内側に備わっている機能を統合的に使えるモノの捉え方、内的世界の扱い方を「テクノロジー」と呼んで、それを個人や組織に対して分かち合う様々な場を提供しています。 【Co-creation】という1つの大いなる生命につながる全体性の意識に基づいた生き方を体現するための智慧や、それを生きるために必要なテクノロジーを、講座やワークショップを通して個人向けに提供する事業と、企業組織という枠組みの中で人が本来の在り方を取り戻し、人間として進化していくための意識変容を促すためのプログラム提供とそのファシリテーション、リーダーや経営者を対象とした個人セッションやコンサルテーションなどを提供する法人向け事業があります。 どちらも社名の通り、次の創造の時代を創り出していくための人の意識の進化を現実の社会の中に拡げていくこと、それを拡げていける人材を輩出していくことを目的に活動しています。 http://www.cc-creators.com/ ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第12回のテーマは「愛情表現」です。 あなたにとって「愛情」とは何ですか? あなたはどんな「愛情表現」をしていますか? 恋愛・パートナーシップ、親子、家族、など親密な関係性の根っこにあるのが愛情・愛情表現だと思いますが、 色んな方の話を聞いていると多くの悩みは この、愛されているのか、愛しているのか、ということに関するものです。 「全然自分のことを愛してくれてるって思えない」 「私はこんなにやってあげているのに、何が不満なのかわからない・・・」 「愛だと思うんだけど、もうなんか疲れちゃった」 などなど、嘆きの声もよく聞きます。 また、我々は誰から一番愛情表現という学びを受けてきたかと言うと、 それは、親です。 親が自分にやってくれたことを無自覚に「愛情表現だ」と思い込んだり、 逆に親から受けてきたものが不快なものであれば、 親のものとは真逆の表現が「愛情表現だ」と決めて、それを表現します。     あなたは何が愛情だと思っていますか? これも自分やパートナーの愛情表現を見つめることができる問いになります。 さらにはしつけと呼ばれる行為や厳しい指導、さらには暴力までも 「これも愛情表現なんだ」という形で正当化している人たちもいます。 「滅私奉公をすることが深い愛なのだ」ということで、 ずっと自分を殺して誰かに尽くし続けている人もいます。 今回「愛情表現という名のエゴ」というタイトルを付けさせていただきましたが、 今、表現されている愛情という行為が 自分の自我・エゴとぴったり張り付いた形で表現されていることがあり、 またそれを無自覚でやっていて、苦労されている方もいらっしゃるので、 自分がどんな愛情表現をしているのか、 自分の愛情表現のルーツは何なのか、 そしてパートナーなどの相手はどんな愛情表現をしているのか、 など、対話しながら「愛情表現」について振り返り、 自分の愛情表現を見つめ直す時間を作ります。 自分の愛情表現を理解したい方、 そして、パートナー、親、子供、家族、従業員、ビジネスパートナーなどの 愛情表現を理解したい方、 またその方たちとの関係性を見つめ直したい方、 是非ご参加ください。 ◆本オンライン講座実施の背景と想い CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、 毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただき、 また3年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。 何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」 という声をいただきスタートしたのが本講座です。 2018年からCCCでは新しい基幹講座「Journey to the Source (JTS)」のプログラムをなど、 「源から生きる」ということをテーマに場を開催して参りました。 JTSは継続講座として実施をしておりますが、この「源から生きる」という世界観をより手軽に、 そして地方や海外に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、 またご自身のタイミングで参加することができるようにという想いを込めて、 単発参加もできる形で提供させていただいています。 2019年は皆様の関心に近いテーマや日常生活に繋がる身近なテーマでお届けしていきます。 また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の 振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、 まだ講座に参加したことがない方に「源から生きる」という世界観を 体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、 身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。 皆様の声を聴きながら、皆様と一緒に作り上げていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。 ▼ファシリテーター ・由佐 美加子(Mikako Yusa) 合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー 幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て ㈱野村総合研究所入社。その後㈱リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。2005年Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立。いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。 オットー・シャーマー著「U理論」訳者 ▼オーガナイザー ・やまもと みつひろ(Mitsuhiro Yamamoto) 合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー 大学在学中からブランド戦略のベンチャー企業への立ち上げ参画や キャリア教育系NPO法人「NPOカタリバ」の活動に従事。 大学卒業後、カタリバの職員として勤務したのち、 人材紹介業、中国・上海に駐在しての広告代理業、複数の会社で人事として勤務。 関西にあるベンチャーのゲーム会社で人事のトップとして人事部門の立ち上げを行う。 2015年に「ひかりゆとりゆたか」という屋号を掲げ、フリーランスとして独立。 人事コンサルティングとしてスマホアプリのベンチャー企業で人事部門の立ち上げ、組織作りを行う傍ら、 ITコンサルティングとして個人事業主や小規模企業のホームページ制作やwebサポートを行う。 現在は、京都に拠点を移し、社会人・事業家向けの個人セッション・グループセッションを展開している。   Co-Creationファシリテーター養成講座 プロコース第4期 修了 国家資格キャリアコンサルタント 米国CCE Inc. 認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー ---------------- 合同会社CCCは、  【内なる命の源につながって現実を創造する】という人間の本来の役割を思い出し、内側に備わっている機能を統合的に使えるモノの捉え方、内的世界の扱い方を「テクノロジー」と呼んで、それを個人や組織に対して分かち合う様々な場を提供しています。 【Co-creation】という1つの大いなる生命につながる全体性の意識に基づいた生き方を体現するための智慧や、それを生きるために必要なテクノロジーを、講座やワークショップを通して個人向けに提供する事業と、企業組織という枠組みの中で人が本来の在り方を取り戻し、人間として進化していくための意識変容を促すためのプログラム提供とそのファシリテーション、リーダーや経営者を対象とした個人セッションやコンサルテーションなどを提供する法人向け事業があります。 どちらも社名の通り、次の創造の時代を創り出していくための人の意識の進化を現実の社会の中に拡げていくこと、それを拡げていける人材を輩出していくことを目的に活動しています。 http://www.cc-creators.com/ ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第11回のテーマは「行動中毒」です。   「もう毎日毎日やることがたくさん!」 「全然仕事ややることが終わらない・・・」 「いつもスケジュールが空いていると予定を入れちゃうんだよね」 「ずーっと年がら年中動き回っている気がする」   そんな日常を過ごしている方は多いのではないのでしょうか。 日本人は特に本当に毎日忙しく過ごしていますよね。   なぜ人は「行動中毒」と呼ばれるくらい、毎日行動行動という状態になっているのでしょうか。   我々の中では一つの仮説があります。 それは「何か自分の中で見たくないもの、避けたいもの、痛み」があって、 それに触れないようにするため、回避のためにたくさん行動しているのではないか、 ということです。   同時に人は「痛みを回避するために」行動しているという自覚もなく、動き回り、   さらにそのやっていることは 「素晴らしいことをやっている」 「良いことをやっている」 「世のため、人のためにやっている」 「喜んで、楽しくやっている」 という風に思考では思っていて、だからこそ行動は止まることはない。   人間の消費活動もそうかもしれません。 もう我々の日常は豊かさで溢れているはずなのに、 なぜ人はこんなにも何かを購入し、消費し続けるのでしょうか。   消費活動だけではありません。経済活動も一人ひとりの日常の活動も、 活動「し過ぎている」、「浪費している」という風にも見えます。   どうして人間はこんなにも行動に駆り立てられるのでしょうか。 行動に駆り立てられる根っこには何があるのでしょうか。 どんな風に生きることが人間にとって生命にとって自然なのでしょうか。   今回は参加者一人ひとりの日常の行動を振り返り、対話しながら、 行動の奥にどんなものがあるのか、日々の自分の行動の”起点”はどこにあるのか、 を一緒に探究します。   行動を創り出している源につながると、どんな変化があるのか。 量からもたらされる効力感ではない、【豊かさ】を感じる生き方を、 みんなで模索したいと思っています。 ◆本オンライン講座実施の背景と想い CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、 毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただき、 また3年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。 何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」 という声をいただきスタートしたのが本講座です。 2018年からCCCでは新しい基幹講座「Journey to the Source (JTS)」のプログラムをなど、 「源から生きる」ということをテーマに場を開催して参りました。 JTSは継続講座として実施をしておりますが、この「源から生きる」という世界観をより手軽に、 そして地方や海外に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、 またご自身のタイミングで参加することができるようにという想いを込めて、 単発参加もできる形で提供させていただいています。 2019年は皆様の関心に近いテーマや日常生活に繋がる身近なテーマでお届けしていきます。 また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の 振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、 まだ講座に参加したことがない方に「源から生きる」という世界観を 体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、 身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。 皆様の声を聴きながら、皆様と一緒に作り上げていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。 ▼ファシリテーター ・由佐 美加子(Mikako Yusa) 合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー 幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て ㈱野村総合研究所入社。その後㈱リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。2005年Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立。いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。 オットー・シャーマー著「U理論」訳者 ▼オーガナイザー ・やまもと みつひろ(Mitsuhiro Yamamoto) 大学在学中からブランド戦略のベンチャー企業への立ち上げ参画や キャリア教育系NPO法人「NPOカタリバ」の活動に従事。 大学卒業後、カタリバの職員として勤務したのち、 人材紹介業、中国・上海に駐在しての広告代理業、複数の会社で人事として勤務。 関西にあるベンチャーのゲーム会社で人事のトップとして人事部門の立ち上げを行う。 2015年に「ひかりゆとりゆたか」という屋号を掲げ、フリーランスとして独立。 人事コンサルティングとしてスマホアプリのベンチャー企業で人事部門の立ち上げ、組織作りを行う傍ら、 ITコンサルティングとして個人事業主や小規模企業のホームページ制作やwebサポートを行う。 現在は、京都に拠点を移し、社会人・事業家向けの個人セッション・グループセッションを展開している。   Co-Creationファシリテーター養成講座 プロコース第4期 修了 国家資格キャリアコンサルタント 米国CCE Inc. 認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー ---------------- 合同会社CCCは、  【内なる命の源につながって現実を創造する】という人間の本来の役割を思い出し、内側に備わっている機能を統合的に使えるモノの捉え方、内的世界の扱い方を「テクノロジー」と呼んで、それを個人や組織に対して分かち合う様々な場を提供しています。 【Co-creation】という1つの大いなる生命につながる全体性の意識に基づいた生き方を体現するための智慧や、それを生きるために必要なテクノロジーを、講座やワークショップを通して個人向けに提供する事業と、企業組織という枠組みの中で人が本来の在り方を取り戻し、人間として進化していくための意識変容を促すためのプログラム提供とそのファシリテーション、リーダーや経営者を対象とした個人セッションやコンサルテーションなどを提供する法人向け事業があります。 どちらも社名の通り、次の創造の時代を創り出していくための人の意識の進化を現実の社会の中に拡げていくこと、それを拡げていける人材を輩出していくことを目的に活動しています。 http://www.cc-creators.com/ ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第10回のテーマは「自立」です。 辞書で「自立」を調べてみると、 「自分以外のものの助けなしで、または支配を受けずに、自分の力で物事をやって行くこと」 「他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること」 と出てきます。 この意味の通り、私たちは小さい頃から「自分一人で生きれるようになるように自立すること」 が大人になること、であり、それを家族や社会から求められて大きくなります。 一方、「自立」の反対語として「依存」というものがあります。 「依存」とは、「他のものに頼って成立・存在すること」、とあります。 私たちは大抵、依存することはよくないことだ、と捉えています。 この自立⇄依存について私たちは、 依存はよくないからちゃんと自分で何でも自立的にやらないと、 と思い込み、人に頼ったり甘えたりできなくなる もしくは、 自己を確立できないまま、何かに依存してないと、守ってもらえないと 生きてはいけないと思い込む といったように、この2つを統合できないまま生きています。 -人や何かしらのシステムに依存して生きることによって本当の自分の力を使えない -自己が強すぎて何でも自分でやってしまうために分離して人とつながれない -お互いに自分を確立できないまま関係性を持ち、共依存的になって個が進化できない こんな現象が社会には溢れています。 自分を確立し、自由に自己表現できて、かつ人と自由自在につながれる。 こんな感じの「人間としての本当の自立」とはどういったもので、 その「本質的な自立」を促す進化のプロセスに何が必要なのか、を 皆様と対話しながら深めていきたいと思っています。 ◆本オンライン講座実施の背景と想い CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、 毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただき、 また3年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。 何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」 という声をいただきスタートしたのが本講座です。 2018年からCCCでは新しい基幹講座「Journey to the Source (JTS)」のプログラムをなど、 「源から生きる」ということをテーマに場を開催して参りました。 JTSは継続講座として実施をしておりますが、この「源から生きる」という世界観をより手軽に、 そして地方や海外に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、 またご自身のタイミングで参加することができるようにという想いを込めて、 単発参加もできる形で提供させていただいています。 2019年は皆様の関心に近いテーマや日常生活に繋がる身近なテーマでお届けしていきます。 また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の 振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、 まだ講座に参加したことがない方に「源から生きる」という世界観を 体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、 身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。 皆様の声を聴きながら、皆様と一緒に作り上げていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。 ▼ファシリテーター ・由佐 美加子(Mikako Yusa) 合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー 幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て ㈱野村総合研究所入社。その後㈱リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。2005年Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立。いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。 オットー・シャーマー著「U理論」訳者 ▼オーガナイザー ・やまもと みつひろ(Mitsuhiro Yamamoto) 大学在学中からブランド戦略のベンチャー企業への立ち上げ参画や キャリア教育系NPO法人「NPOカタリバ」の活動に従事。 大学卒業後、カタリバの職員として勤務したのち、 人材紹介業、中国・上海に駐在しての広告代理業、複数の会社で人事として勤務。 関西にあるベンチャーのゲーム会社で人事のトップとして人事部門の立ち上げを行う。 2015年に「ひかりゆとりゆたか」という屋号を掲げ、フリーランスとして独立。 人事コンサルティングとしてスマホアプリのベンチャー企業で人事部門の立ち上げ、組織作りを行う傍ら、 ITコンサルティングとして個人事業主や小規模企業のホームページ制作やwebサポートを行う。 現在は、京都に拠点を移し、社会人・事業家向けの個人セッション・グループセッションを展開している。   Co-Creationファシリテーター養成講座 プロコース第4期 修了 国家資格キャリアコンサルタント 米国CCE Inc. 認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー ---------------- 合同会社CCCは、  【内なる命の源につながって現実を創造する】という人間の本来の役割を思い出し、内側に備わっている機能を統合的に使えるモノの捉え方、内的世界の扱い方を「テクノロジー」と呼んで、それを個人や組織に対して分かち合う様々な場を提供しています。 【Co-creation】という1つの大いなる生命につながる全体性の意識に基づいた生き方を体現するための智慧や、それを生きるために必要なテクノロジーを、講座やワークショップを通して個人向けに提供する事業と、企業組織という枠組みの中で人が本来の在り方を取り戻し、人間として進化していくための意識変容を促すためのプログラム提供とそのファシリテーション、リーダーや経営者を対象とした個人セッションやコンサルテーションなどを提供する法人向け事業があります。 どちらも社名の通り、次の創造の時代を創り出していくための人の意識の進化を現実の社会の中に拡げていくこと、それを拡げていける人材を輩出していくことを目的に活動しています。 http://www.cc-creators.com/ ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第8回、第9回は2回連続シリーズとして、 「お金の循環」をテーマとして扱っています。 お金は人生にとって、非常に重要なものだと思います。 これまでのシリーズでずっと扱っている「感情」もそうですが、 日々自分にとって身近な、切っても切れない関係である「お金」。 にも関わらず、お金のことについて学んだり・向き合う機会というのは非常に少ないと感じています。 2年半前にも「人生を縛る【お金】という概念」から自由になる という タイトルでオンライン講座を実施していますが、 今回はさらにじっくりこの「お金」というエネルギーに皆さんと一緒に向き合っていきたい という想いがあり、2回連続で実施します。 第8回は「息を吐く」、つまり「out」、「与える(Giving)」というテーマでしたが、 今回の第9回は 呼吸でいうと吸う、つまり 「受け取る、もらう」という観点にフォーカスして講座を行います。 前回は「与える」「求める」「受け取る」という3つの要素のバランスがどのようになっているかを 参加者の方々にセルフチェックしてもらい、その中で「与える」という行為を、 誰かの期待を満たす、から無限大の自己創造へと高めていく次元の「与える」についてお話しました。 ※前回第8回のshort.ver動画、並びにfull.ver動画はこちらです。 http://www.cc-creators.com/weblibrary-life-revolution-online-vol8/ -------------- 「我慢しても与えることが美しい」という滅私奉公的な信念が 集合的な無自覚な世界にはあると思います。 美しいことをやっているんだからお金をもらったらだめだ 貧しくてもいいことをしてるんだから仕方ない、 やりたいことをやっているんだからお金はなくてもいい、といった多くの考えが ここから作り出され、そのうちに人はこんなにやってるのに、という搾取されている感覚に陥ります。 個人レベルでは、受け取るとこんなにもらってしまっていいのだろうか、 もらいすぎじゃないのか?という罪悪感になり、 受け取ってしまったら、その分与えなくてはいけない、責任をとらないといけない という怖れになっていたりします。 与えないと受け取ることができないのと同時に、 受け取れないと与えることもできない。 このジレンマをどういう風に統合したらいいのでしょうか? 今回も「与える」「求める」「受け取る」の3つの要素に着目しながら、 参加者の皆様と対話を深め、「受け取る」の本質に迫っていきます。 ◆本オンライン講座実施の背景と想い CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、 毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただき、 また3年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。 何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」 という声をいただきスタートしたのが本講座です。 2018年からCCCでは新しい基幹講座「Journey to the Source (JTS)」のプログラムをなど、 「源から生きる」ということをテーマに場を開催して参りました。 JTSは継続講座として実施をしておりますが、この「源から生きる」という世界観をより手軽に、 そして地方や海外に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、 またご自身のタイミングで参加することができるようにという想いを込めて、 単発参加もできる形で提供させていただいています。 2019年は皆様の関心に近いテーマや日常生活に繋がる身近なテーマでお届けしていきます。 また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の 振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、 まだ講座に参加したことがない方に「源から生きる」という世界観を 体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、 身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。 皆様の声を聴きながら、皆様と一緒に作り上げていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。 ▼ファシリテーター ・由佐 美加子(Mikako Yusa) 合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー 幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て ㈱野村総合研究所入社。その後㈱リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。2005年Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立。いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。 オットー・シャーマー著「U理論」訳者 ▼オーガナイザー ・やまもと みつひろ(Mitsuhiro Yamamoto) 大学在学中からブランド戦略のベンチャー企業への立ち上げ参画や キャリア教育系NPO法人「NPOカタリバ」の活動に従事。 大学卒業後、カタリバの職員として勤務したのち、 人材紹介業、中国・上海に駐在しての広告代理業、複数の会社で人事として勤務。 関西にあるベンチャーのゲーム会社で人事のトップとして人事部門の立ち上げを行う。 2015年に「ひかりゆとりゆたか」という屋号を掲げ、フリーランスとして独立。 人事コンサルティングとしてスマホアプリのベンチャー企業で人事部門の立ち上げ、組織作りを行う傍ら、 ITコンサルティングとして個人事業主や小規模企業のホームページ制作やwebサポートを行う。 現在は、京都に拠点を移し、社会人・事業家向けの個人セッション・グループセッションを展開している。   Co-Creationファシリテーター養成講座 プロコース第4期 修了 国家資格キャリアコンサルタント 米国CCE Inc. 認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー ---------------- 合同会社CCCは、  【内なる命の源につながって現実を創造する】という人間の本来の役割を思い出し、内側に備わっている機能を統合的に使えるモノの捉え方、内的世界の扱い方を「テクノロジー」と呼んで、それを個人や組織に対して分かち合う様々な場を提供しています。 【Co-creation】という1つの大いなる生命につながる全体性の意識に基づいた生き方を体現するための智慧や、それを生きるために必要なテクノロジーを、講座やワークショップを通して個人向けに提供する事業と、企業組織という枠組みの中で人が本来の在り方を取り戻し、人間として進化していくための意識変容を促すためのプログラム提供とそのファシリテーション、リーダーや経営者を対象とした個人セッションやコンサルテーションなどを提供する法人向け事業があります。 どちらも社名の通り、次の創造の時代を創り出していくための人の意識の進化を現実の社会の中に拡げていくこと、それを拡げていける人材を輩出していくことを目的に活動しています。 http://www.cc-creators.com/ ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第8回、第9回は2回連続シリーズとして、 「お金の循環」をテーマとして扱っていきたいと思います。 お金は皆さんの人生にとって、非常に重要なものだと思います。 これまでのシリーズでずっと扱っている「感情」もそうですが、 日々自分にとって身近な、切っても切れない関係である「お金」。 にも関わらず、お金のことについて学んだり・向き合う機会というのは非常に少ないと感じています。 2年半前にも「人生を縛る【お金】という概念」から自由になる という タイトルでオンライン講座を実施したのですが、 今回はさらにじっくりこの「お金」というエネルギーに皆さんと一緒に向き合っていきたい という想いがあり、2回連続で実施することにしました(どちらか1回だけの参加もOKです) 「お金」を「呼吸」のような循環するエネルギーとして捉え、 第8回は「息を吐く」、「in と out」でいうと「out」、「与える(お金を使う)」 という観点にフォーカスして講座を行います。 (次回第9回は「息を吸う」つまり「in」、「受け取る(お金をもらう)」です)     -------------- お金を「払う、使う」は お金を投じる何らかの対象にエネルギーを与えるという観点があります。 呼吸に例えると、 「深く吸うために、息を吐き切っていますか?」 という問いが出てきます。   エネルギーの循環としてお金を捉えると、 お金は呼吸と一緒で「吸うと吐く」のバランスがとても大事ですが、 吸うためには、息を吐かないと吸うという行為が起こりません。     人間の信念や怖れと密接に関連するこの「お金」というエネルギーに関して 健康的で自然な呼吸のような循環を起こす「お金の使い方」という お金のエネルギーの持つパワーの側面を観ていきます。 参加者の皆様がお金というエネルギーに対して怖れや不安から関わるのではなく、 どうしたら自然な循環の中で信頼して生きることができるのか、を探求したいと思います。 ◆本オンライン講座実施の背景と想い CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、 毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただき、 また3年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。 何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」 という声をいただきスタートしたのが本講座です。 2018年からCCCでは新しい基幹講座「Journey to the Source (JTS)」のプログラムをなど、 「源から生きる」ということをテーマに場を開催して参りました。 JTSは継続講座として実施をしておりますが、この「源から生きる」という世界観をより手軽に、 そして地方や海外に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、 またご自身のタイミングで参加することができるようにという想いを込めて、 単発参加もできる形で提供させていただいています。 2019年は皆様の関心に近いテーマや日常生活に繋がる身近なテーマでお届けしていきます。 また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の 振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、 まだ講座に参加したことがない方に「源から生きる」という世界観を 体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、 身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。 皆様の声を聴きながら、皆様と一緒に作り上げていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。 ▼ファシリテーター ・由佐 美加子(Mikako Yusa) 合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー 幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て ㈱野村総合研究所入社。その後㈱リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。2005年Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立。いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。 オットー・シャーマー著「U理論」訳者 ▼オーガナイザー ・やまもと みつひろ(Mitsuhiro Yamamoto) 大学在学中からブランド戦略のベンチャー企業への立ち上げ参画や キャリア教育系NPO法人「NPOカタリバ」の活動に従事。 大学卒業後、カタリバの職員として勤務したのち、 人材紹介業、中国・上海に駐在しての広告代理業、複数の会社で人事として勤務。 関西にあるベンチャーのゲーム会社で人事のトップとして人事部門の立ち上げを行う。 2015年に「ひかりゆとりゆたか」という屋号を掲げ、フリーランスとして独立。 人事コンサルティングとしてスマホアプリのベンチャー企業で人事部門の立ち上げ、組織作りを行う傍ら、 ITコンサルティングとして個人事業主や小規模企業のホームページ制作やwebサポートを行う。 現在は、京都に拠点を移し、社会人・事業家向けの個人セッション・グループセッションを展開している。   Co-Creationファシリテーター養成講座 プロコース第4期 修了 国家資格キャリアコンサルタント 米国CCE Inc. 認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー ---------------- 合同会社CCCは、  【内なる命の源につながって現実を創造する】という人間の本来の役割を思い出し、内側に備わっている機能を統合的に使えるモノの捉え方、内的世界の扱い方を「テクノロジー」と呼んで、それを個人や組織に対して分かち合う様々な場を提供しています。 【Co-creation】という1つの大いなる生命につながる全体性の意識に基づいた生き方を体現するための智慧や、それを生きるために必要なテクノロジーを、講座やワークショップを通して個人向けに提供する事業と、企業組織という枠組みの中で人が本来の在り方を取り戻し、人間として進化していくための意識変容を促すためのプログラム提供とそのファシリテーション、リーダーや経営者を対象とした個人セッションやコンサルテーションなどを提供する法人向け事業があります。 どちらも社名の通り、次の創造の時代を創り出していくための人の意識の進化を現実の社会の中に拡げていくこと、それを拡げていける人材を輩出していくことを目的に活動しています。 http://www.cc-creators.com/ ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第7回は「甘えられないワケ」というテーマで開催します。 あなたは甘えたい人に素直に甘えることはできていますか? 人に何かを頼みたい時、何か抵抗を感じたり、申し訳ないという感じになりませんか? 私たちの人生には数多くの人間関係がありますが、 特に親しい人であったり、大切な人であればあるほど、 なぜか自分は「本当にはこうして欲しい」ということが伝えられなかったり、 遠慮してしまったり、相手の様子を伺ったりするものです。 小さい頃に、「自分でやりなさい」「甘えるんじゃない」と言われていたり、 そうしないといけないと思い込んで大きくなったかもしれません。 自分一人で何でもやろうとして、 「人にお願いするって何?」とか 「甘えるやり方がわからない」とか 「本当に何をして欲しいかすらもわからない」と いう戸惑いがあったり、 自分が甘えよう、頼ろうとした時に相手から拒否をされたり、 相手が離れていったという体験が尾を引いて、 求めていることを表現することが怖いという方もいるかもしれません。 人間はそもそも一人では生きられませんし、 全てを一人で完結することなどできません。 人のサポートが必要なタイミングも人生にはたくさんあります。   参加者の皆さんの日常の体験を扱いながら 「甘えられないワケ」の根っこにあるものを皆んなで紐解いていき、 甘える、という行為の奥にある「相互依存(interdependence)」という 大切なエッセンスなども分かち合いながら進めていきたいと思っています。 ◆講座全体の目的・意図 "一人ひとりの源が変わる、世界が変わる。 自分の内側の真実につながり、その源から自己表現をして生きる。 あなたの生き方そのものがこれからの世界を創る” という世界観を時間・場所を超えてお届けすることを意図しています。 ◆本オンライン講座実施の背景と想い CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、 毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただき、 また3年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。 何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」 という声をいただきスタートしたのが本講座です。 2018年からCCCでは新しい基幹講座「Journey to the Source (JTS)」のプログラムをなど、 「源から生きる」ということをテーマに場を開催して参りました。 JTSは継続講座として実施をしておりますが、この「源から生きる」という世界観をより手軽に、 そして地方や海外に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、 またご自身のタイミングで参加することができるようにという想いを込めて、 単発参加もできる形で提供させていただいています。 2019年は皆様の関心に近いテーマや日常生活に繋がる身近なテーマでお届けしていきます。 また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の 振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、 まだ講座に参加したことがない方に「源から生きる」という世界観を 体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、 身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。 皆様の声を聴きながら、皆様と一緒に作り上げていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。 ▼ファシリテーター ・由佐 美加子(Mikako Yusa) 合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー 幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て ㈱野村総合研究所入社。その後㈱リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。2005年Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立。いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。 オットー・シャーマー著「U理論」訳者 ▼オーガナイザー ・やまもと みつひろ(Mitsuhiro Yamamoto) 大学在学中からブランド戦略のベンチャー企業への立ち上げ参画や キャリア教育系NPO法人「NPOカタリバ」の活動に従事。 大学卒業後、カタリバの職員として勤務したのち、 人材紹介業、中国・上海に駐在しての広告代理業、複数の会社で人事として勤務。 関西にあるベンチャーのゲーム会社で人事のトップとして人事部門の立ち上げを行う。 2015年に「ひかりゆとりゆたか」という屋号を掲げ、フリーランスとして独立。 人事コンサルティングとしてスマホアプリのベンチャー企業で人事部門の立ち上げ、組織作りを行う傍ら、 ITコンサルティングとして個人事業主や小規模企業のホームページ制作やwebサポートを行う。 現在は、京都に拠点を移し、社会人・事業家向けの個人セッション・グループセッションを展開している。   Co-Creationファシリテーター養成講座 プロコース第4期 修了 国家資格キャリアコンサルタント 米国CCE Inc. 認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー ---------------- 合同会社CCCは、  【内なる命の源につながって現実を創造する】という人間の本来の役割を思い出し、内側に備わっている機能を統合的に使えるモノの捉え方、内的世界の扱い方を「テクノロジー」と呼んで、それを個人や組織に対して分かち合う様々な場を提供しています。 【Co-creation】という1つの大いなる生命につながる全体性の意識に基づいた生き方を体現するための智慧や、それを生きるために必要なテクノロジーを、講座やワークショップを通して個人向けに提供する事業と、企業組織という枠組みの中で人が本来の在り方を取り戻し、人間として進化していくための意識変容を促すためのプログラム提供とそのファシリテーション、リーダーや経営者を対象とした個人セッションやコンサルテーションなどを提供する法人向け事業があります。 どちらも社名の通り、次の創造の時代を創り出していくための人の意識の進化を現実の社会の中に拡げていくこと、それを拡げていける人材を輩出していくことを目的に活動しています。 http://www.cc-creators.com/ ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第5回は「反応しちゃう自分の扱い方」というテーマで開催します。 日常生活で人と関わる中で、 他人のとある行動や言動に瞬間的に反射・反応してしまうことがありませんか? 友達の何気ない行動にイラっとする 子供のおもちゃが家の中で散乱してると内側からマグマのようになにかが込み上げる パートナーからの心無い一言にガーンと衝撃を受けて落ち込む 上司からの一言にビクッとして固まってしまう etc そしてその反応が起こったその瞬間に言いたくもないことを言い返したり、 モノに当たったり、手が出てしまったり、 頭も身体もフリーズしてしまったり、 やってしまった後にそんな行動をとった自分を責めてしまったり、 本当はそんな風にしたくないのに・・・って落ち込む感じになることもしばしば。 なぜ人は反射・反応的に動くのでしょうか。 そもそも反応とは一体なんなのでしょうか。 前回(「負の感情の扱い方」)の講座の最後に由佐が、 「”感情”と”反応”に対するリテラシーを持つだけで 世界は劇的に平和になるんじゃないかという仮説があります。 全ての不調和の原因は反応した時に不快な感情が起きたことを 相手のせいにして行動してしまうところにあります。 反応した時に感情と思考をどのように使っていけば、 本当に自分が望む現実を創れるのかを伝えたい。」 と言っていました。 自分の内側に起こる「反応」と仲良く付き合っていくことは、 人生をクリエイトしていく上で大切な要素です。 反応したとき、◯◯さんに〇〇された! と被害者的になりがちですが、 それは相手がそうしたかったのではなく、 自分の認知から創り出したものです。 その認知を自分が創り出したのは、何に気づきたいからなのか。という 内省と気づきにこの反応を使えるようになった時に、現実の扱い方は大きく変わります。 皆様の事例を扱いながら、 皆さんと共に探究していきます。 ◆講座全体の目的・意図 "一人ひとりの源が変わる、世界が変わる。 自分の内側の真実につながり、その源から自己表現をして生きる。 あなたの生き方そのものがこれからの世界を創る” という世界観を時間・場所を超えてお届けすることを意図しています。 ◆由佐美加子からメッセージ 世の中には高尚で難解な理論や手法がいっぱいある。学ぶのはもちろん楽しいけれど 本当に現実を変える力があるものってシンプルで、気がついたらいつのまにか変わってた! って感じるものじゃないかなって思っています。 気楽に、楽しく自分を探求すること、そして本当に大事にしたいものを大切にできる人生を創り出せる力を開いていく場にしたいです。 ◆主催者からメッセージ 私が、初めてCCCの講座に参加したのは2015年でした。それまで色んな資格を取り、講座を受けという形で自分を磨き続けていましたが、一向に満たされることはなく、いつも自信がなく、人間関係がうまくいかず、苦しい日々が続いていました。CCCの世界観に触れていくにつれ、「そうか、自分はこれまで”自分の外側”を何とかしようと、奔走していて、本質は外側ではなく”自分の内側”にあったんだ」ということに気づきました。それからというもの、自分の内側に何があるのかを観て、自分を受容し、自分自身との繋がりを深める日々が続いています。 今回みーちゃんから「源から生きる、生き方革命」というコンセプトでやりたいと提案いただいた時、愛と力強さを感じました。一人でも多くの方が愛を起点に、自分のパワーをより表現できる世界になることを願いながら講座を運営していきたいと思います。 〜やまもと みつひろ〜 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第4回は「負の感情の扱い方」というテーマで開催します。 「負の感情」と聞いて、あなたの内側で浮かんでくるものはなんですか? あなたがよく感じる「負の感情」は何ですか? 我々の内側では大なり小なり、日々あらゆる感情が起こっています。 自分が行ったこと、言ったことから負の感情が発生する時、 相手の行ったこと、言ったことを間接的に見ていて、負の感情が発生する時、 相手が自分に何か直接したり言ったりして、負の感情が発生する時、 色んな場面があります。 その感情が発生した時、我々はそのまま爆発させて、他人に向けてしまったり、 逆に我慢して自分の内側で抑圧してしまったり、 はたまた、人はその負の感情を感じたくないから、感じないように思考でカバーしたり、 無自覚のうちに回避したりもしています。 我々はこれまで学校や親から「感情」について学ぶということはなかったかと思います。 ですが、これだけ人生に大きな影響のある感情について、 特に負の感情についての扱い方が理解できたら、日常がどんな風に変化すると思いますか? 負の感情は我々を進化させ、「源から生きる」を体現するための重要な要素です。 自分はどんな感情がよく湧き上がり、そこにはどんなメッセージが含まれているのか、 皆さんと一緒に探究していければと思っています。 また感情と思われているけれど、実は「エセ感情」なるものがありますので、 その辺りも共有していきたいと思います。 ◆講座全体の目的・意図 "一人ひとりの源が変わる、世界が変わる。 自分の内側の真実につながり、その源から自己表現をして生きる。 あなたの生き方そのものがこれからの世界を創る” という世界観を時間・場所を超えてお届けすることを意図しています。 ◆由佐美加子からメッセージ 世の中には高尚で難解な理論や手法がいっぱいある。学ぶのはもちろん楽しいけれど 本当に現実を変える力があるものってシンプルで、気がついたらいつのまにか変わってた! って感じるものじゃないかなって思っています。 気楽に、楽しく自分を探求すること、そして本当に大事にしたいものを大切にできる人生を創り出せる力を開いていく場にしたいです。 ◆主催者からメッセージ 私が、初めてCCCの講座に参加したのは2015年でした。それまで色んな資格を取り、講座を受けという形で自分を磨き続けていましたが、一向に満たされることはなく、いつも自信がなく、人間関係がうまくいかず、苦しい日々が続いていました。CCCの世界観に触れていくにつれ、「そうか、自分はこれまで”自分の外側”を何とかしようと、奔走していて、本質は外側ではなく”自分の内側”にあったんだ」ということに気づきました。それからというもの、自分の内側に何があるのかを観て、自分を受容し、自分自身との繋がりを深める日々が続いています。 今回みーちゃんから「源から生きる、生き方革命」というコンセプトでやりたいと提案いただいた時、愛と力強さを感じました。一人でも多くの方が愛を起点に、自分のパワーをより表現できる世界になることを願いながら講座を運営していきたいと思います。 〜やまもと みつひろ〜 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) 「源から生きる、生き方革命」、第2回は「不本意な現実の扱い方」というテーマで開催します。 「あなたの日常にはどんな不本意な現実がありますか?」 ◯◯さんに◯◯された... △△さんが△△してくれない.. なんでいつもこうなっちゃうんだろう、 ほらやっぱり□□じゃん.. 我々は、そういう不本意な現実に反応して、 頭であーでもないこーでもないと散々考え、 人を責めてたり、自分を責めたりしてしまう。 なんでこんな風になっちゃうんだろうなあと 思いながら、その状況は何をしても変わらなかったりします。 なんとかしたいと思って その起きていることの要因になっている 何かを変えようとして問題の要因を分析し、「どうしたらいいのか?」 を考え、そこからそれを是正するための行動に走ります。 ところが、その問題はずっとなくならない、もしくは別の状況で同じパターンが また起こったりします。 なぜ不本意な現実を作り出してしまうのだろう。 なぜ不本意な現実を繰り返してしまうのだろう。 源から生きるという世界では 「現実は自分が創り出しているもので、自分の内側の世界を見せてくれているもの」 と捉えます。 人は自分に起きる現実を本当はどう扱ったら望む現実を創りだせるのか。 第2回は参加者の皆さまの事例を扱いながら、 「不本意な現実」とはどういうもので、 どういうメカニズムでそれは生まれているのか、 そして不本意な現実をどう扱っていくと、源から生きるに繋がっていくのか、 一つ一つ丁寧に見ていきます。 お一人でのご参加はもちろん、パートナーや家族、同僚などと一緒に参加されることもお勧めします。 詳細は以下をご覧下さい。 ◆講座全体の目的・意図 "一人ひとりの源が変わる、世界が変わる。 自分の内側の真実につながり、その源から自己表現をして生きる。 あなたの生き方そのものがこれからの世界を創る” という世界観を時間・場所を超えてお届けすることを意図しています。 ◆由佐美加子からメッセージ 世の中には高尚で難解な理論や手法がいっぱいある。学ぶのはもちろん楽しいけれど 本当に現実を変える力があるものってシンプルで、気がついたらいつのまにか変わってた! って感じるものじゃないかなって思っています。 気楽に、楽しく自分を探求すること、そして本当に大事にしたいものを大切にできる人生を創り出せる力を開いていく場にしたいです。 ◆主催者からメッセージ 私が、初めてCCCの講座に参加したのは2015年でした。それまで色んな資格を取り、講座を受けという形で自分を磨き続けていましたが、一向に満たされることはなく、いつも自信がなく、人間関係がうまくいかず、苦しい日々が続いていました。CCCの世界観に触れていくにつれ、「そうか、自分はこれまで”自分の外側”を何とかしようと、奔走していて、本質は外側ではなく”自分の内側”にあったんだ」ということに気づきました。それからというもの、自分の内側に何があるのかを観て、自分を受容し、自分自身との繋がりを深める日々が続いています。 今回みーちゃんから「源から生きる、生き方革命」というコンセプトでやりたいと提案いただいた時、愛と力強さを感じました。一人でも多くの方が愛を起点に、自分のパワーをより表現できる世界になることを願いながら講座を運営していきたいと思います。 〜やまもと みつひろ〜 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 4,000
  • ◆内容(告知文より) CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、 毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただきました。 またこの講座の動画を販売開始したところ、2年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。 何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」という声をいただいており、今回再びスタートすることにいたしました。 遠方に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、またご自身のタイミングで参加することができます。 また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、まだ講座に参加したことがない方にCCCの世界観を体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、 身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。 (年内は6回の開催を予定しており、各回、単発参加OKです) 皆様の声を聴きながら、皆様と一緒に作り上げていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。 第1回目はオンライン講座スタート記念として、 本講座のタイトルに沿って 『「源から生きる、生き方」とは?』というタイトルで由佐さんの話を伺います。 CCC設立後、数多くの場を体験し、また「源から生きる」という探究を重ねてきた由佐さんが、 どんなプロセスを歩み、今、どんなところにいるのか、皆さんの質問や皆さんとの対話を交えながら 場を展開していきます。 ◆講座全体の目的・意図 “一人ひとりの源が変わる、世界が変わる。 自分の内側の真実につながり、その源から自己表現をして生きる。 あなたの生き方そのものがこれからの世界を創る” という世界観を時間・場所を超えてお届けすることを意図しています。 ◆由佐美加子からメッセージ 世の中には高尚で難解な理論や手法がいっぱいある。学ぶのはもちろん楽しいけれど 本当に現実を変える力があるものってシンプルで、気がついたらいつのまにか変わってた! って感じるものじゃないかなって思っています。 気楽に、楽しく自分を探求すること、そして本当に大事にしたいものを大切にできる人生を創り出せる力を開いていく場にしたいです。 ◆主催者からメッセージ 私が、初めてCCCの講座に参加したのは2015年でした。それまで色んな資格を取り、講座を受けという形で自分を磨き続けていましたが、一向に満たされることはなく、いつも自信がなく、人間関係がうまくいかず、苦しい日々が続いていました。CCCの世界観に触れていくにつれ、「そうか、自分はこれまで”自分の外側”を何とかしようと、奔走していて、本質は外側ではなく”自分の内側”にあったんだ」ということに気づきました。それからというもの、自分の内側に何があるのかを観て、自分を受容し、自分自身との繋がりを深める日々が続いています。 今回みーちゃんから「源から生きる、生き方革命」というコンセプトでやりたいと提案いただいた時、愛と力強さを感じました。一人でも多くの方が愛を起点に、自分のパワーをより表現できる世界になることを願いながら講座を運営していきたいと思います。 〜やまもと みつひろ〜 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。