☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング

  • ¥ 3,000
  • 何気ない誰かの一言に対して「カチン!」と反応してしまい、「あー、本当はこんな事言いたい訳では無いのに。。。」と思いつつも感情的になったりして不本意な現実を創ってしまう、という経験は誰にもあるのでは無いでしょうか。 「何で分かってくれないの!!?」 と言い返したりして攻撃的になったり 「どうせ◯◯だから、しょうがないや・・・」 と自分を責めて落ち込んだり 闘争に出るか、逃走に入るかは人それぞれかも知れませんが、どちらも根底には無自覚に自分を支配するメンタルモデルが関わっています。 どうして人は反応するのか? そこから自由になる為に必要な事は何なのか? を探求したオンライン動画です。 ※☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニングとは オンラインで全8回開催された「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」。 各回のテーマに関して、人は何故そこから自由になれないのか、自由になる為には何が必要なのか。 その本質と自由になる為のテクノロジーを参加者同士対話をしながら探求したコミュニティです。 本動画のダイジェスト版はCCCホームページにございます。 http://www.cc-creators.com/weblibrary/ ■全編版目次■ (1) チェックイン 〜コミュニティの趣旨と第1回のテーマについて〜 (2) 《裏番組》 〜由佐自身の反応について〜 (3) 反応が伝えていること 〜自分は世界をどう認知しているか〜 (4) 反応が伝えていること 〜反応はバーチャル世界の現象〜 (5) 《裏番組》 〜反応は古い信念を書き換えるチャンス〜 (6) 全体シェア 〜自分に送り込んでいるメッセージとは〜 (7) 《裏番組》 〜人は反応しながら罪悪感を感じている〜 (8) 《裏番組》 〜「何をやるか」より「どこから」描くか〜 (9) 反応の扱い方 〜慣れ親しんだ古い世界に抗う〜 (10) 自由な自己表現 〜相手の自由な自己表現も受容する〜 (11) 相手の世界と自分の世界の交わり 〜世界の見方が人間関係を創り出す〜 (12) コントロールを外す 〜承認のエネルギーで感謝を伝える〜 (13) チェックアウト 〜次回のお知らせ〜 (14) 《裏番組》 〜今回のまとめ・ポイント〜 動画合計時間:2時間35分 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 3,000
  • 【お金】とは、自分にとって一体何なのでしょう? お金がないと生きていけない... お金を稼ぐ為にはちゃんと働かないといけない... お金はたくさん稼げた方がいいに決まってる... お金に対して持っている信念は一人一人実はみんな違います。 そして自分の人生のお金の流れはこの信念が創り出していますが、ほとんどの人はこれに無自覚です。 本当には、お金を使って私たちは何を創り出したいのでしょうか。 自分はお金をどう受け取り、 自分はお金をどう使っていて それはなぜなのか。 お金があれば自由で幸せな人生が手に入る、は真実なのか? この現代社会を生きる上で切っても切れない【お金】との関係性と自分の内側にある真実を探求したオンライン動画です。 ※☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニングとは オンラインで全8回開催された「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」。 各回のテーマに関して、人は何故そこから自由になれないのか、自由になる為には何が必要なのか。 その本質と自由になる為のテクノロジーを参加者同士対話をしながら探求したコミュニティです。 本動画のダイジェスト版はCCCホームページにございます。 http://www.cc-creators.com/weblibrary/ ■全編版目次■ (1) チェックイン 〜第3回のテーマについて〜 (2) 《裏番組》 〜参加者のコメントから見えること〜 (3) 《裏番組》 〜お金と自己価値の関係性〜 (4) お金を受け取る・払う 〜お金は「呼吸」と同じ〜 (5) 1.お金を受け取る 〜お金をもらうことにどんな価値観があるか〜 (6) 《裏番組》 〜私たちを取り巻くお金の概念〜 (7) 《裏番組》 〜「投資」と「消費」の違い〜 (8) 全体シェア 〜「受け取る」に関して気づいたこと〜 (9) もっとお金を受け取るには 〜自分の価値を受け入れるとパイプは広がる〜 (10) もっとお金を受け取るには 〜受け取った分をどれだけ大きくして返せるか〜 (11) もっとお金を受け取るには 〜循環を起こせることが人の本当の喜び〜 (12) もっとお金を受け取るには 〜自分の価値は誰よりも自分が認める〜 (13) 《裏番組》 〜お金を使う・受け取る人の意識の大切さ〜 (14) 参加者との対話① 〜命としての価値と行動の価値を区別する〜 (15) 参加者との対話② 〜仕事を通して自分は何を提供しているのか〜 (16) 参加者との対話③ 〜「空気」と「お金」の違い〜 (17) 2.お金を使う 〜「投資」として使うか「消費」として使うか〜 (18) 《裏番組》 〜「消費」は循環への意識を麻痺させる〜 (19) 参加者との対話④ 〜循環が大きく起こる投資とは?〜 (20) 参加者との対話⑤ 〜人は恐れた時に世界をどう扱うか〜 (21) チェックアウト 〜由佐から一言〜 (22) 《裏番組》 〜今回のまとめ・ポイント〜 動画合計時間:2時間36分 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 3,000
  • 罪悪感って、いったい何なんでしょうか。 感情ともちょっと違う、この感覚。 ふっと頭の中をよぎる「こんな自分は良く無い・・・ ◯◯しちゃうなんて、そんなのダメだよ・・・」というような、言葉にすらならない「何か」。 それが発動して、ふっと自分の体にまとわりついて離れない、この感覚。 自分自身の素直な気持ちや、本当はこうしたい、という願いや想い。それが叶わない事に関する悲しみや怒り。それが叶った時に感じる喜びや嬉しさ。ただそこに在る、その「真実」に対して、 「そんな風に怒っちゃいけない、なぜならば・・・」 「自分が幸せだなんて、調子にのっちゃいけない、だって・・・」 と、その「真実」を歪ませ、素直に受け取る事を阻む、この「罪悪感」という感覚。 それは、感情のような自分の内側から湧き上がる体感覚というよりは、脳みその中に組み込まれているチップが発動して、自分自身の自由を制御しているプログラムのようなモノ。 いったい、この何だかよく分からない「罪悪感」という感覚は、本当には、なんなんでしょうか?笑 生まれたばかりの子供や小さい子は、「喜怒哀楽」の感情はあれど「罪悪感」を感じて過ごしているようには見えません。 私たちはいつからこの「罪悪感」に自分の人生をコントロールされ始めていて、どうやったらこの「罪悪感」から自由になれるのか。 社会的価値観や常識、親や学校の教えが、この「罪悪感」を紐解くヒントになるのかなぁと思いつつ、この得体の知れない感覚と、その奥にある真実を探求したオンライン動画です。 ※☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニングとは オンラインで全8回開催された「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」。 各回のテーマに関して、人は何故そこから自由になれないのか、自由になる為には何が必要なのか。 その本質と自由になる為のテクノロジーを参加者同士対話をしながら探求したコミュニティです。 本動画のダイジェスト版はCCCホームページにございます。 http://www.cc-creators.com/weblibrary/ ■全編版目次■ (1) チェックイン 〜第4回のテーマについて〜 (2) 《裏番組》 〜(仮説)罪悪感が二元論の根底にある〜 (3) 《裏番組》 〜「ある」の世界と「ない」の世界〜 (4) 全体シェア① 〜「罪悪感」の何に興味があるか〜 (5) 《裏番組》 〜罪悪感は人を支配する〜 (6) 《裏番組》 〜由佐の罪悪感の体験〜 (7) 《裏番組》 〜罪悪感は「個」として生きることを阻む〜 (8) 全体シェア② 〜対話をして気づいたこと〜 (9) 罪悪感を持つとは? 〜得していること失っていること〜 (10) 罪悪感と正しさはセット 〜罪悪感は「個」の自由を奪う〜 (11) 《裏番組》 〜個よりも全体システムを大事にする世界〜 (12) 《裏番組》 〜罪悪感は「思考停止」と「エネルギー浪費」〜 (13) 全体シェア③ 〜対話をして気づいたこと〜 (14) 罪悪感の中に組み込まれているもの〜「正しさ」と「べき」〜 (15) 感情とニーズを抽出する 〜自分の満たしたいものにつながる〜 (16) 《裏番組》 〜責任が取れる範囲で最善を尽くす〜 (17) 《裏番組》 〜「ない」ではなく「ある」につながる〜 (18) 全体シェア④ 〜参加者からの質問〜 (19) チェックアウト 〜由佐から一言〜 (20) 《裏番組》 〜今回のまとめ・ポイント〜 動画合計時間:2時間32分 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 3,000
  • オバケと恐れの共通点はなんでしょう? 暗がりの帰り道で、後ろからガサッと音がしたら・・・ 誰かいるのかな? 一体何がいるんだろう? 気にしないようにすればするほど、どんどん気になってしまう。 チラッと振り返っても誰もいないのに、なんだか後ろかついてきてるんじゃないかと思えちゃう。 直視できない。見たらどうにかなっちゃうんじゃないか?というぶるぶるっという感覚と共に、 想像し始めたら止まらない、いち早くそこから逃げ出したくなる感じ。。。 勇気を振り絞って止まって振り向いてみたら・・・・ ぎゃーっ!!!((((;゚Д゚))))))) って親父かよ!!!Σ(゚д゚lll) なんて言う出来損ないの小話は置いておいても笑 実態の無い【恐れ】という感覚は、一旦発動すると人の思考の多くを支配し、自分の望む行動や創りたい世界とは真逆の方向へと向けてしまうようです。 生命の維持という観点では無くてはならないこの【恐れ】という機能。 しかし、そこに囚われ過ぎていても、本当の意味での幸せや安心感、自分が体験したい人生を味わって生きる充足感を得ることは出来ないのかもしれません。 怪物がいるのかと思って恐る恐る見てみたら、小さなネズミだった、みたいな例は皆さんどこかで触れているはず(^-^) 今回は、この得体の知れない【恐れ】と言う感覚の実態に迫ります☆ このオバケのように実態が掴めない【恐れ】という感覚と、その奥にある真実を探求したオンライン動画です。 ※☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニングとは オンラインで全8回開催された「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」。 各回のテーマに関して、人は何故そこから自由になれないのか、自由になる為には何が必要なのか。 その本質と自由になる為のテクノロジーを参加者同士対話をしながら探求したコミュニティです。 本動画のダイジェスト版はCCCホームページにございます。 http://www.cc-creators.com/weblibrary/ ■全編版目次■ (1) チェックイン 〜第5回のテーマについて〜 (2) 《裏番組》 〜物理的に危険なことはあまり起こらない〜 (3) 《裏番組》 〜「恐れ」は現代社会の全てのエンジン〜 (4) 全体シェア① 〜人生で恐れていることは何か〜 (5) 参加者との対話① 〜「怖れ」は起きたことに対する意味付け〜 (6) 参加者との対話② 〜お金が無くなる恐れ〜 (7) 《裏番組》 〜架空のオバケ と 実態のあるオバケ〜 (8) ストーリーに実態はない 〜自分がやっていることに自覚的になる〜 (9) 参加者との対話③ 〜ストーリーと死について〜 (10) 参加者との対話④ 〜「世界は危険だ」という前提〜 (11) 参加者との対話⑤ 〜「恐れ」をどう扱うか〜 (12) 《裏番組》 〜由佐のブレーキの扱い方〜 (13) 全体シェア② 〜ブレーキに関する考察〜 (14) まず自覚する 〜本当はどうしたいかを自分に聞く〜 (15) 参加者との対話⑥ 〜人に受け入れられない恐れ〜 (16) チェックアウト 〜由佐から一言〜 (17) 《裏番組》 〜次回について〜 動画合計時間:2時間29分 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 3,000
  • 自分が本当に自分の人生で使いたいと思っているパワーは、実は知らないうちに侵食されています。 自分の胸の奥には本当は表現したい何かがある。でも、日々やらないといけないことだらけで、そんな余裕は無いのが実情・・・ チャレンジしてみたいと思うけどなんだかあれやこれやと考えてしまう・・・ やりたくないと思うけど、責任や役割上やらざるをえないから割り切ってやっている・・・ こんなとき、一体自分のエネルギーが何に侵食されているか、知っていますか? 何にも浸食されずに自分自身が内なるエネルギーをどのように使い、そしてどんな現実を創り出しているのか。 何をやるにしても、それをフルパワーで生きている感覚を持つには、一体何が大切なのか。 本当の意味での「責任」とは何なのか。 そのカラクリを探求したオンライン動画です。 ※☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニングとは オンラインで全8回開催された「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」。 各回のテーマに関して、人は何故そこから自由になれないのか、自由になる為には何が必要なのか。 その本質と自由になる為のテクノロジーを参加者同士対話をしながら探求したコミュニティです。 本動画のダイジェスト版はCCCホームページにございます。 http://www.cc-creators.com/weblibrary/ ■全編版目次■ (1) チェックイン 〜第6回のテーマについて〜 (2) 《裏番組》 〜人は色々な責任を負っている〜 (3) 全体シェア① 〜「責任」をどう捉えているか〜 (4) 参加者への問いかけ 〜誰がその責任を課しているのか〜 (5) 最善の意図 〜人は何らかのニーズを満たそうとしている〜 (6) なぜ「責任」が重圧になるか 〜「責任」と「恐れ」の関係〜 (7) 《裏番組》 〜「支配する側の恐れ」について〜 (8) 全体シェア② 〜どういう時に人に責任を課せられるか〜 (9) 「正しさ」が責任を課す 〜「ニーズ」につながることの大切さ〜 (10) 参加者との対話① 〜「自己責任」という言葉〜 (11) 参加者との対話② 〜「無責任」という言葉の捉え方〜 (12) 本当の責任とは 〜呼応する能力(response ability)〜 (13) 《裏番組》 〜由佐の「責任を果たす」体験談〜 (14) 責任は自分で選択する 〜やりたくない自分を尊重する〜 (15) 参加者との対話③ 〜相手が誰でも自由に選択する〜 (16) 参加者との対話④ 〜望んでいる呼応の仕方に触れる〜 (17) 自分は何を大事にしたいのか 〜自分起点で世界に呼応する〜 (18) 参加者との対話⑤ 〜無自覚に課せられた責任〜 (19) チェックアウト 〜由佐から一言〜 (20) 《裏番組》 〜生命のエネルギーにつながる〜 動画合計時間:2時間31分 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 3,000
  • 人が人に期待しているとき、それは必ずしも言語化されているとは限りません。自分で期待していることに気づかず、なんかわからないけど相手の振る舞いにイライラしたり。。 期待されてないのに無自覚にそれを満たそうと頑張って疲れちゃったり。。 そんな体験はありませんか? ◯◯なんだから◯◯なはず! という、私たちの中に「それがあるということを知らない」無自覚な思い込みや前提が、実は関係性の中でお互いを縛りあっていることもあるかもしれません。 パートナーシップの中でお互いが満たされるには何が必要なのでしょうか?どんな理解があったら私たちはより満たされる人間関係をつくれるのでしょうか? 人間が関係性の中で関わり合う限り永遠のテーマとも言える、「パートナーシップ」における個の自立と恊働を探求したオンライン動画です。 追記:この回で扱うパートナーシップという言葉は必ずしも夫婦だけにあてはまるものではなく、 上司部下や同僚、親子などあらゆる1対1の関係性に適用できる気づきがあります。 ※☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニングとは オンラインで全8回開催された「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」。 各回のテーマに関して、人は何故そこから自由になれないのか、自由になる為には何が必要なのか。 その本質と自由になる為のテクノロジーを参加者同士対話をしながら探求したコミュニティです。 本動画のダイジェスト版はCCCホームページにございます。 http://www.cc-creators.com/weblibrary/ ■全編版目次■ (1) チェックイン 〜第7回のテーマについて〜 (2) 《裏番組》 〜「期待値」に関する由佐の仮説〜 (3) 期待と前提について 〜愛は取引条件になっている〜 (4) 参加者との対話① 〜自分ができないことを要求する〜 (5) 《裏番組》 〜思考停止して愛と要求に応える〜 (6) 《裏番組》 〜由佐の愛情表現について①〜 (7) 自分の「愛に応える」とは 〜愛と期待がセットになっている〜 (8) 《裏番組》 〜由佐の愛情表現について②〜 (9) 《裏番組》 〜「自己承認」のニーズ〜 (10) 愛情表現は人それぞれ違う 〜期待は人に使わず自分に使う〜 (11) 参加者との対話② 〜相手と話し、違いを明確にする〜 (12) 参加者との対話③ 〜母の愛情を承認する〜 (13) 参加者との対話④ 〜愛情表現しない人はいるのか〜 (14) 本質的な愛 〜パートナーへの期待は自分に向ける〜 (15) チェックアウト 〜次回のお知らせ〜 (16) 《裏番組》 〜今回のまとめ・ポイント〜 動画合計時間:2時間22分 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ¥ 3,000
  • 「恥」とは一体何なのでしょう? なんて恥ずかしいことをしてしまったんだろう・・・ その瞬間、頭の中では瞬時に、「本来あるべき姿」から「逸脱してしまっている自分」を見ては、「何らかの規範からはみ出ている私は、恥ずべき存在なのだ」、と言うようなジャッジメントを無意識にしていたりします。 同時に生まれる、過去の記憶、傷のようなもの。。。 学校でうまいこと出来なくて、みんなの前で注目を浴びてしまった時の自分の痛み。。。 親から「何でそんなことするの!やめて、恥ずかしい!」と、言われてしまった時の痛み。。。 その「恥ずかしい」という感覚の奥には、何らかの【痛み】が存在していると、由佐は言います。 そんなことをしてしまう自分って、なんて恥ずかしい存在なんだだ。そんな自分は隠さないといけない・・ そうして、その痛みを感じないように、人は萎縮し、穴があったら入ってしまうがの如く、存在を消そうとしてしまう。 この自己否定の極みのような【恥】という感覚から自由になるには、その奥に隠れている痛みも含め、この構造自体を解明する必要がありそうです。 ※☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニングとは オンラインで全8回開催された「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」。 各回のテーマに関して、人は何故そこから自由になれないのか、自由になる為には何が必要なのか。 その本質と自由になる為のテクノロジーを参加者同士対話をしながら探求したコミュニティです。 本動画のダイジェスト版はCCCホームページにございます。 http://www.cc-creators.com/weblibrary/ ■全編版目次■ (1) チェックイン 〜第8回のテーマについて〜 (2) 《裏番組》 〜由佐の恥ずかしい体験について〜 (3) 全体シェア① 〜今回のテーマへの関心は何か〜 (4) 「恥ずかしさ」の源泉 〜得体の知れない「目」に晒されている〜 (5) 《裏番組》 〜居続ける人と逃げる人〜 (6) 全体シェア② 〜どんな「目」で見られているのか〜 (7) 参加者への問いかけ① 〜「目」は自分に何をしているか〜 (8) 参加者への問いかけ② 〜支配者のメリットは何か〜 (9) 《裏番組》 〜恥を避けるために力をつける〜 (10) 恥ずかしい時に何が起きているか 〜耐える、やり過ごす、隠す〜 (11) 参加者との対話① 〜世界に無力化されること〜 (12) 参加者との対話② 〜「恥ずかしい」中に隠されるもの〜 (13) 参加者との対話③ 〜「フィードバック」と「自己理解」〜 (14) 参加者との対話④ 〜「自己理解」の時に大切なこと〜 (15) チェックアウト 〜最終回の一言〜 (16) 《裏番組》 〜今回のまとめ・ポイント〜 動画合計時間:2時間19分 ◆本動画購入後の注意点 ・本動画購入後、ご購入の際に記入頂いたメールアドレス宛に自動返信で、本動画に関する詳細を記載したPDFデータが届きます。 メールアドレスをお間違えのないよう、入力をお願いいたします。 ・携帯電話端末(docomo、softbank、au)や一部フリーメール(hotmailやWindows Liveメール)の場合、購入メールが届かないことがございます。「noreply@thebase.in」から届くメールを受信許可していただきますようお願いいたします。 ・メールが届かない場合はまず迷惑メールフォルダに振り分けられていないかをご確認ください。 ・以上をご対応いただいてもメールが届かない場合は、お手数ではございますが、こちらよりお問い合わせください。 https://thebase.in/inquiry/cccnetshop ---------------- 【補足・領収書に関して】 CCCのオンライン講座、並びにオンラインショップ等でオンライン決済で参加・購入いただいたものに関する領収書は、決済完了メール・申し込み完了メールやクレジットカード明細などが領収書に相当しますので、こちらでご対応いただきますよう、よろしくお願いいたします。